時間制限イベントの戦い方

時間制限イベントは、
3時間制限がメジャーですが、
5時間制限のパターンも出始めました。

3時間制限のイベントでは、

15分〜30分刻みの時間のピースを
どのように並べるか?という
スケジュールの建て方になります。

15分×12回=180分(3時間)

15分以上配信しなくてはならない場合、
16分×11回=176分(+あまり4分で3時間)

これを2時間に1回にすることで
2周×12回=24周することも可能ですが、
実際は寝る時間、仕事や学校に行く時間なども
考慮に入れる必要があります。

そうすると、
朝は7時から30分配信にして
3周できるようにする。

午前中は学校や仕事を考慮して、
12時から30分配信にする。

夕方も、終業時間によりますが、
例えば18時に配信開始できるのであれば、
それを30分枠にする。

ここまでで90分使っているので、
残り90分を19時〜25時ぐらいまでで分散させます。

毎時、それぞれ15分ずつ6回配信するか、

20時,22時,0時からそれぞれ30分、
2周する枠にするか、

21時,0時からそれぞれ45分、
3周する枠にするか、

というのが基本形になるかと思います。

 

あとは、
配信者のライフサイクルに合わせて、
時間を変更したり、
枠を切り貼りして調整したりして最良の形にしてください。

また、5時間制限の場合も、
概ね同じ形で、
1回の配信時間が増えるパターンになると思われます。

 

最後に、3周が必要になることが多いので、
イベント開始する前に3周の仕方をレクチャーしたり、
練習したりしておくことを推奨します。

時間無制限イベントの戦い方

無制限イベントの場合、
いかに多くの時間・回数を配信するかが鍵になります。

そのため、必然的に配信者の体力勝負という形になりがちです。

そこで、どのタイミングでどれくらい休憩を入れるか?
という休憩の上手な取り方が重要になります。

 

サイト主の推奨するパターンは、

・60分配信+15分配信45分休憩 の交互
(いわゆるカウント枠を設ける方式)
→○全枠カウントできる。
長めと短めの配信で、メリハリのある配信ができる。
(60分枠でパフォーマンスやコミュニケーションをして、
15分枠で挨拶をする、など)

・45分配信+1時間15分休憩
・30分配信+1時間30分休憩
→○長めの休憩で、体力を温存しながら長時間配信できる
○2周パターンなので、リスナーが対応しやすい。
×カウントは2時間に1回なので1/2になる。

・45分配信+2時間15分休憩
→○長い休憩が取れる。この時間で寝ることもできる。
複数回に分けて睡眠とることで、
星種を取りこぼさずに配信し続けることも可能。
×カウントは3時間に1回なので1/3になる。
×取りこぼさないためには、3周テクニックが必要になる。
×タイミングが合わなかったリスナーは3周分投げられない。

・30分配信30分休憩
→○全枠カウントできる。
○毎時配信するので、リスナーのリズムで星投げができる。
×休憩が少なめなので、配信者の体力に依存する。

・15分配信45分休憩
→○全枠カウントできる。
○配信時間を最小にできる。
×タイミングが合わないリスナーが生まれやすい
×短い分、飛び込みでルームに入るリスナーが少ない
×リスナーの満足度は低い(ルーム離れを起こしやすい)

これらのパターンを組み合わせて、
スケジュールを立てることです。

その際に、
ゴールデンタイム(一般的に18〜24時)、
平日のお昼時(12時台)・出勤や出勤時(7〜8時台)を
うまく取り込むようにすると良いでしょう。

また、配信していると、
開始時刻の分表示がずれて行くことがあります。

その場合は、00分開始の次の枠は01分開始(または更新)と
1分ずらしてしまうと確実です。

可能であれば、
時計やストップウォッチを用意して
秒単位で管理するとベターです。

(注意)
無制限イベントは特に、
SHOWROOM以外の活動を犠牲にしがちです。
仕事や健康、人間関係あってこそのSHOWROOM活動です。
きちんとバランスを考え、
無理のないように配信をするように心がけてください。

アバター

全てのリスナーは、
配信ルームに入ると、
自分の姿がイラストで表示されます。

これがアバターです。

このアバターですが、
初期状態でもいくつかありますが、
他のリスナーを見ると
もっとたくさんあることがわかります。

新アバターを手に入れる方法は、
・リスナーレベルアップによる獲得

・キャンペーン→福引で獲得

・アバターショップで購入

・配信ルームでのオリジナルアバター獲得

の4パターンがあります。

(他にも特別な場合に配布されることもあります)